社員の安否確認をスムーズに行おう|専用システムの利用が最適

最新記事一覧

3者の目線で選びましょう

吹き出し

導入前に無料版で体験を

経営者、システム管理者、そして一般社員の3者での議論が必要なのが、ビジネスチャットの導入です。安易にビジネスチャットを導入してしまうと、3者のいずれかが大きな不満を抱えます。あまりにも費用が高すぎては、経営者が満足しないでしょう。スムーズに管理できなければ、システム管理者にかかる負担が重くなってしまいます。使いやすいビジネスチャットでなければ、社員は誰も使ってくれません。導入する前に、各ビジネスチャットを3者の目線から比較することが重要です。まず経営者目線で比較すべきは、月々の費用です。1人当たりの月額は200円から1000円となっており、ビジネスチャットによって費用は大きく異なります。導入後のコスト削減効果と比較しながら、自社に最適な費用のビジネスチャットを選びましょう。無料版が提供されているビジネスチャットもあり、実験的に導入することも可能です。システム管理者目線からは、参加者のアクセス管理のやりやすさで比較します。ビジネスチャットの効果を最大限に引き出すためには、社外の人間にも参加してもらう必要があります。しかし、重要な情報に社外の人間がアクセスできては、情報漏洩リスクにさらされます。また、社員が私用の端末でアクセスできても同様です。コミュニケーションを活発にしながら守るべきものは守る。費用だけで選んでしまっては、管理が杜撰になってしまいます。一般社員の目線からは、とにかく使いやすさを比較します。年齢に関わらずスムーズに操作できなければいけません。また、タスク管理機能を使いこなし、過去のメッセージをすぐに探す必要もあります。無料版を実際に社員に体験してもらい、各ビジネスチャットを比較しましょう。

Copyright© 2017 社員の安否確認をスムーズに行おう|専用システムの利用が最適 All Rights Reserved.