社員の安否確認をスムーズに行おう|専用システムの利用が最適

最新記事一覧

社員と安否の確認

PC操作

システム活用とその特徴

災害発生時には、社員やその家族の安否状況を確認し、情報収集する必要性が出る。そのような際に、安否確認をスムーズに行うことができるシステムが安否確認システムである。安否確認システムでは、事前に登録したメールアドレスなどに対し、安否確認システムから一斉に安否の確認メールを送付するというものが一般的なサービスになっている。社員はそのメールを受け取り、携帯電話やスマートフォンなどから安否情報を入力することで、会社に対し状況を伝えることが可能になる。その際、家族の状況や家屋の状態についても登録できるようになっていることが多い。通常はメール本文での記載ではなく、専用サイトに接続し、そのサイトで選択肢に従って入力することで情報伝達できる。メール本文での伝達では、人により記載情報にばらつきが生じることや、メール記載に手間取ることもある。しかし、サイトから質問形式で入力させることで、必要な情報を的確に収集できる。会社側はその情報を元に、社員に待機などの指示を出すことができたり、被害状況の把握が可能になる。これらのサービスでは、事前に社員に対し連絡先などを登録させることが一般的である為、正確な情報を登録させることが重要になる。その際、メールアドレスなど連絡先が変わった場合には、確実に変更登録させることがポイントになる。また、適宜安否確認訓練を実施し、安否状況の収集が確実に行えることを試しておくことも重要である。

Copyright© 2017 社員の安否確認をスムーズに行おう|専用システムの利用が最適 All Rights Reserved.